投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

また喧嘩です・・・

昨日 また家族会議が有まして・・・
また、父とバトルです。

ここ数カ月 会長がLED販売に力をいれて駄目だったらあきらめると言うので、あちらこちら営業に行っておりました。

慣れない飛び込み営業・・・ あまり効果がでておりません。(っていうか。1ヶ月、2カ月で効果でるんでしょうか?まだまだ始めたばかりでは?)


周りの皆さんから 「応援で良ければおいでよ」と お声を掛けて頂いたのですが、何度もブログに書いているように、応援だけでは月に必要な売り上げが達成できず・・・・
このまま続けていても 潰れるのが早いか遅いかの違いだけで、根本的な解決にならない。


なら 応援をお断りしてでも LED営業をしてみようよと言う事になりました。

なので ここ2カ月はほとんど応援すら行ってない訳で、もちろん売り上げは さらに下がる訳で・・・・

でも それを承知でLED工事に力を入れようと言っているのは父でして・・・・・

なのに 昨日の家族会議で。

「この売り上げ見てどう思う!!」

と 言いだして・・・・・ (訳ワカメです)

そりゃそうでしょ あなたが応援断ってでも LED売りたいと LEDに賭けようと言ったので それを実行したのだから・・・・

で さらに

「なんで売り上げが少ないか分ってるか?」と言うので。

「仕事量が足りてないから」と答えると

「なんで仕事量が足りてないと思う?」というので。

「得意先が少ないから」と こたえると

「なんでお前は外に出ないだ。友達とかの「つて」を頼らないんだ」と・・・・

「はぁ?」 お前がLEDの営業行けて言うから、毎日毎日慣れない飛び込み営業行ってたんでしょ?LED駄目だったらあきらめる 会社の方針はこれで行こうって決めたんじゃないの?

もう ボケてんじゃないかと 本気で思ってしまいます・・・・。


そもそも 私 東京でサラリーマンをしておりました。
東京の大学を卒業して、そのまま東京でサラリーマンをしていたので、14、15年ほど東京暮らしです。
なので 関東では大学時代の友人や、社会人時代の知り合いがいるのですが、関西にもどってきても 友達いません・・・・知り合い皆無です・・・。

あなたが こっち(関西)に戻ってきて 助けてほしいと言ったときに、私 断りましたよね?

そもそも電気工事なんてやりたくない。
社長になんかなりたくない。
東京暮らしが長いので …

うまく行くように、考えないと・・・

師走に入りましたね。

師走と言うだけあって 弊社にもあちらこちらから応援これない?と ご連絡が来るようになってきました。

ありがたい話です。(みなさん ありがとうございます。)


ただ 弊社、作業員(従業員)が少ないので、依頼が重なってしまうと どうしてもどちらかを断らないといけません・・・

悲しい話です。(みなさん 申し訳ございません。)



お断りするのは本当にもったいない話ですし、仕事が有るときは欲張ってでも沢山取りたいのですが、欲張り過ぎて 工期中に竣工できなかったら ご迷惑おかけしますしね・・・・(そもそも物理的に人員が足りなのだから取れませんが・・・)

食べ放題のレストランで、よくばって料理取り過ぎて 結局最後に沢山残してる人見ると悲しい気分になるのと同じようなものでしょうか・・・

ただ、来てほしいとの依頼はチャンスですので 極力行きたいのです。
断ってしまうと 「あそこの会社また断ったよ」となり 次回に声を掛けていたただける機会が減りますしね。

また 携帯電話基地工事以外の事をやろうと思っているので それとちがう業種の仕事をさせて頂ければ、そこから違った展開(そちら方面に進むチャンス)が生まれる可能性もあるので・・・。

それじゃあ 社員ふやしたらいいじゃない・・・とも思うのですが、いまお声を掛けて頂いているのがほとんど「応援」なので 単価が安いのです・・・。

以前にも書きましたが 応援さんの単価は だいたい相場が決まっておりまして1日16000円~18000円。

1日18000円で20日働いとして 月に36万円にしかならないのです。

個人でやられてるのなら 36万でもいけるかもしれませんが、弊社一応株式会社ですので・・・

事務員もいますし 車も数台(車検や税金)ありますし 社会保険等もありますし・・・

36万円から 税金やら保険やら経費やらもろもろ引いたら 残る金額は?払ってあげられる給料は・・・・


なので 応援だけでは 会社として成り立たないのです。

一本太い幹があって、それにスポットの応援を重ねて行く感じでいかないと 会社の継続は不可能です。 

う~ん・・・・・

一本太い幹があれば 社員いれれるのに・・・・
         ↓
社員が入れば 太い幹の仕事をやりつつ、比較的工事量が少ないときは お断りせずどんどん応援いかせて・・・
         ↓